あなたを健康にみちびくのが私の仕事です

いつまでも健康に過ごしたい! と思いませんか?

当院 症状ランキング

1位腰痛・骨盤調整  2位肩こり  3位神経痛  頭痛

    お悩みの方 上記の項目をクリックして下さい

                                    0466-43-1013

※ その他の症状 アメブロの「症状いろいろ」の中にも詳しく記載しています。

※ 五十肩
※ 肋間神経痛
※ 腱鞘炎
※ 股関節痛
※ ひじの痛み
※ ひざの痛み
※ 指のしびれ


※ 五十肩
だいたい年齢が50才前後になると起きるので俗に五十肩と呼ばれいます。
肩関節の付け根ににぶい痛みと腕の動く範囲の制限が起こり、しだいに痛みが強くなる、急にうでを動かそうとすると激痛が走るようになってきます。
うしろにはほとんど動かせない状態です。
そうなる仕組みは医学的にはっきりしていません。

リハビリ運動もいくつかあり、治療後にお教えしています。


※ 肋間神経痛
通常は胸の痛みです。原因不明ですが、きっかけは風邪を引いて咳き込んだり、重い荷物を持ったあととか、色々です、時には痛みが胸だけではなく脇腹から背中にかけて痛んだりします。
当院では背骨の調整もしますが肋骨に沿ってハリ通電します。
経験上数回の治療で完治します。中には慢性型になり、ちょくちょく痛みを発症するようになる始末の悪いのもあります。


※ 腱鞘炎
パソコン操作もそうですが、腕を使う作業をしている人が時折なるのが腕の腱鞘炎です。前腕の内側や外側の腱・筋肉が痛くなります。
普通の筋肉痛は時間が経つと自然と痛みはなくなりますが、腱鞘炎の場合は治療をしないと良くなりません。
当院では、指圧マッサージをしてハリをします。


※ 股関節痛
腰が痛いと同時に起きる股関節の違和感や痛みというものがあります。股関節部の痛みがひどくなると歩行も困難になり、ついには手術という方も、多いのではないでしょうか?最初はごく軽く股関節が引っかかる程度から始まります。

この様な方は意外に多いのですが、腰が痛いと訴えながら、同時に起きる股関節の違和感や痛みなので、ご本人も腰に関係があるのだろう、という風にいわれます。その通りで、男女を問わずあります。

股関節の障害は、骨盤と仙骨(尾てい骨の上の部分)との関節に非常に左右されます。この関節の動きが良すぎても、悪すぎても色々と支障が起きやすいのです。どちらの場合も股関節に違和感や痛み、ひどくなると歩行が困難になり、もっとひどくなると、手術という事になります。

手術をする様な方は圧倒的に女性が多く、男女比は1対4で、病院では原因不明と言われるものです。 30〜50才代がピークとも言われています。

腰は特に何も感じなくても、股関節部に引っかかる様な感じや軽い痛みがあったら、当院の施術を、お勧めします。
SOT骨盤ブロックやトムソンテーブルを使用して、骨盤と仙骨との関節の動きをよくしてやることで、解消されます。

違和感や痛みの初期であれば、完治します。
かなり悪かった方でも、完治はしませんが、通常の生活に支障のない状態まで回復されています。


※ ひじの痛み
テニスエルボといのがあります。テニスをする人がよく傷める肘の痛みです。
テニスを全くしない人でも起きます。手首を使う仕事や作業をする事で起きます。
病院へ行かれれば腱鞘炎(けんしょうえん)と病名がつくでしょう。

テニスひじか、そうではない肘の痛みかは当院で検査をすれば、すぐに分かります。テニス肘でもそうではない肘の痛みでも、はりが有効です。


※ ひざの痛み
年齢が高くなり筋力がおとろえる事で起きるものが多い様です。いまテレビなどで色々なサプリメントが出回っていますが、それらも効果はあるでしょうが、筋力をつけることで、ひざの痛みを緩和・解消させることもできます。

リハビリの仕方・ひざを支える筋力の付け方もご指導いたします。


※ 指のしびれ
首で神経が圧迫されると「指のしびれ」が起きます。
首の神経圧迫を取り除くと同時にハリ通電もいたします。
相乗効果で治りは早いです。                         0466-43-1013