健康 耳よりニュース




あいうべ体操


福岡県福岡市の難病を治療する「みらいクリニック」の医師、今井一彰先生が開発した健康法です。


次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくても構いません。



1.「あ~」と口を大きく開いて、のどの奥が見えるまで大きく開けましょう。


2.「い~」と口を大きく横に開いて、前歯が見えて頬の筋肉が両耳のわきに寄るくらい、横にグッと開きます。
きちんと開くと、首に筋肉のすじが浮き出るはずです。


3.「う~」と口を強く前に突き出して、口をしっかり閉じる為の体操です。口を一文字に結ぶだけでは、さほど大きな動きになりませんが、唇をとがらかせて前方に突き出すことで、口の周りの筋肉が収縮し、より広範囲の筋肉を鍛えることが出来ます。


4.「べ~」と舌を突き出して下に伸ばす 舌を思い切り出すと、舌の付け根が少し痛むかもしれません。しかし、少し刺激を感じる処までやった方が効果的です。

@〜Cを1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける。


この体操は、真剣に行うとかなり疲れます。慣れるまでは、2〜3度に分けた方が続け易いでしょう。
入浴時にやるのがおすすめです。
また、「あいうべ体操」は、しゃべるときより口をしっかり、大きく動かす必要がありますが、無理は禁物です。



特に顎関節症の人や顎を開けると痛む場合は、回数を減らすか「いー」「うー」のみをくり返して下さい。この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないので何回行っても結構です。
「ベー」がうまく出来ない人は、大きめのあめ玉をなめて、舌を運動させましょう。
舌運動と甘味の刺激で、脳も活性化します。



今井一彰先生談
私は「リウマチの患者さんは口臭が強い。しかも炎症が酷くなるほど強くなる」という発見から、口呼吸の健康被害に注目しました。口呼吸によって口腔内に雑菌が繁殖し易くなると、当然、口臭も強くなる。それと同時に、免疫系の働きも大きく阻害されるので、炎症も悪化していくと考えられます。


口呼吸がもたらす最大の弊害は、咽頭リンパ組織の乱れや鼻粘膜などの萎縮、口腔内雑菌の繁殖によって引き起こされる免疫異常です。


口呼吸の改善は、あらゆる病気の原因治療に繋がります。「あいうべ体操」をしっかり継続している人は、自然に鼻で呼吸が出来る様になり、症状もおもしろい様に改善していきます。


口がいつも開いていると、何となく疲れやすい、だるい、やる気が起きない。アレルギー性疾患である、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などが弊害として起き易くなります。



あいうべ体操の効用::免疫力がUPして、インフルエンザに罹り難くし、アレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息・顎関節症・いびき・口臭・歯ぎしり・うつ病・便秘・等々の改善やまた小顔にもなり、歯並びを治すためにも有効です。その他、肺炎の予防にもなると、良い事尽くめです。



太陽光は万能薬!?

日光浴は身体と心の健康にとても役立ち、適度な日光浴は万能薬とも

言えそうです。



ビタミンDは、皮膚が太陽光、に晒されると体内で生産されます。



強い日差し(Am11:00〜Pm3:00)の中に10分間ボケッと立っているだけで、

体内に牛乳コップ200杯分のビタミンDが出来ると言われています。



ビタミンDは骨の健康の為に重要で、カルシウムの吸収を促進します。



高齢者では転倒を防ぐ効果も報告されています。



更に、ビタミンDを正常値以上に保つ事は、高血圧や糖尿病、幾つかの癌、

心臓発作や脳卒中の予防、ひいては長寿に貢献する様です。



最近の研究で、脳や心の健康にも役立つ事も解って来ました。



最も新しい研究では65歳以上の高齢者で、ビタミンDのレベルが

低下すると、脳の認知機能の障害が増加する事が解りました。



記憶や推理、学習、言語など知的な働きは、ビタミンDレベルが最適な

高齢者では、低い人と比べて、認知機能障害のリスクが半減しました。



認知機能障害は認知症の発症リスクを高めます。



脳神経疾患関連ではビタミンD欠乏と、多発性硬化症やパーキンソン病

との強い関連も示唆されています。


近年、3つの研究がビタミンD欠乏と鬱病との関連を報告しています。



サプリメントを使用してビタミンDレベルを高めると、鬱症状が

改善する事も解りました。



特筆すべき事は、ビタミンDには長寿効果が在る事です。

血液中のビタミンD濃度が高い人程、全ての原因による総死亡リスク

が低くなる事も複数の研究が示しています。



しかしながら、現代人のビタミンD不足が懸念されています。



米国の女性を対象とした大きな調査では、何と7割がビタミンD欠乏

である、という事実が明らかになりました。



更に、ハワイで行なわれた調査では約半数がビタミンD不足状態でした。

日光に当る事が少ない生活、特に夜型の生活や、常に日焼け止め剤

などで紫外線をしっかりブロックしている人は

ビタミンD欠乏の危険性が高くなります。



ビタミンDが不足していると、心臓発作や心不全、脳卒中などの

心血管疾患のリスクが高くなります。



例えば、40歳以上の男性でビタミンDレベルが低い場合は、

心筋梗塞のリスクが2倍以上に増加する様です。



適度な日光浴か、食事やサプリメントでビタミンDを適切に摂取する

事は、健康のために大きな利益があります。



食物では、サケやウナギの様な脂肪の多い魚、卵黄、乳製品、

キノコ類に多く含まれます。



適度な日光浴は、条件にもよりますが、週に3日、1日に約15分間、

日差しが強い時間帯に日焼け止めなしの状態で、肌の3〜4割を

日光に晒す事で十分なのです。


アメブロには健康情報が満載です。http://ameblo.jp/miya-5596/

一度ご覧ください。



 脳卒中予防



■ あなたは20秒以上片足で立てますか?


もし出来ないのであれば脳梗塞のリスクが高まっているので要注意です。

一見因果関係がなさそうに思えますが、健康でない人は片足でバランスが

取れない為、生活習慣病リスクが高い様です。



初めてという事であれば、中々上手く出来ないかも知れませんが、習慣化する

事で1分位はすぐに出来る様になります。



しかも、左右たった2分でウォーキング約50分相当の効果が期待できるのです。



片足立ちは、場所を選びません。いつでもどこでも出来るので、テレビを見ながら

でも十分できます。


片足立ちは習慣化し易く、短時間・短期間で心と体を健康にする最強の

エクササイズの一つです。




「片足立ち」が出来ないと、脳卒中になり易いってホント?


■ 20秒以上できない人は、小さな脳梗塞がどんどん起こっている



研究チームは、平均年齢67歳の男女1387人(男性546人・女性841人)を

対象に、両目を開いたまま片足立ちをしてもらい、バランスを取っていられる

時間(最長60秒)を測った。1人2回行い、時間が長い方を採用した。



また、MRI(脳磁気共鳴画像)で脳の血管の状態を検査、同時に

認知機能のテストも行った。



対象者は全員、愛媛大学病院が実施した「抗加齢ドック」の参加者で、

健康に自信のある人が多かった。



結果は1030人(74.3%)が最長の60秒。89人(6.4%)が40秒以上〜60秒未満。

120人(8.7%)が20秒以上〜40秒未満。そして、148人(10.7%)が20秒未満だった。



20秒未満だった148人は、MRIの検査結果から、自覚症状のない「脳小血管疾患」

になっている人の割合が非常に高い事が判った「微小出血」

(細い動脈が破れる微量の脳出血)などの事だ。



具体的には、20秒未満の人々(全体の10.7%)が対象者全体にみられた

脳小血管疾患に占める割合は、次の様に非常に高い比率だった。
----------------------------------------
(1)ラクナ梗塞が2つ以上在った人は34.5%
(2)ラクナ梗塞が1つ在った人は16.0%
(3)微小出血が2つ以上在った人は30.0%
(4)微小出血が1つ在った人は15.3%
----------------------------------------
ラクナ梗塞や微小出血は脳梗塞や脳卒中の初期の症状で、

すぐに命の危険はないが、放置しておくと、進行して重大な

症状を引き起こし易い。



片足立ちが20秒未満の人は、認知機能テストの成績も悪かった。


この他、アメブロには健康情報が満載です。http://ameblo.jp/miya-5596/

一度ご覧ください。


                                  M.K-force