健康 耳よりニュース




新発見「骨ホルモン」

骨ホルモンは今世界中の研究者が大注目している新物質。骨を上手に刺激すると骨から大量に放出され全身に運ばれ、脳や肝臓、膵臓、腎臓など、様々な臓器を活性化される事が解って来ました。

逆に骨ホルモンが少ない人は、糖尿病や動脈硬化などを引き起こす可能性があるので要注意!なのです。

そこで、骨を効率よく刺激して骨ホルモンを放出させるワザを紹介解説します。

名付けて「カカト落とし」。 いつでもどこでも手軽に行えるこの方法で、特に血糖値が気になっている人には超オススメです! 1日1分の新習慣で、骨密度も増し、カラダを丸ごと若返らせる!


骨ホルモンと血糖値の密接な関係

血液中の骨ホルモン(オステオカルシン)の量が少ない人は、血糖値が高い傾向にある事が判りました。

その理由は解明されてはいませんが、研究によると、『蛋白質の糖化』という現象が大きく関わっているらしいと考えられています。

糖は蛋白質と非常に反応し易い性質を持っており、血液中の糖が多い状態が続くと、細胞などを構成する蛋白質に糖が着いてしまう「糖化」という現象が起こります。

骨の中にも勿論多くの蛋白質が在りますが、糖化した蛋白質は本来の働きが出来なくなり、骨ホルモンの働きも鈍ってしまうのではないかというのが専門家による説です。

高血糖が骨ホルモンを減らし、それが更に高血糖を加速させるという負の循環。
これを断ち切るのが運動であり、ご紹介する骨を刺激する『カカト落とし』もその一つです。



カカト落としのポイント

カカト落としは、骨に体重と動きによる加速度をかけた負荷を加え、体全体の骨に効率よく刺激を加える事が目的です。

※注意!膝など関節に疾患がある人、すでに骨粗鬆症の診断を受けている人、ご高齢の人等は 運動を行う前に、医師にご相談下さい。 また、転倒の恐れがある場合は行わないでください。


ポイント

1) 姿勢をよくして、ゆっくり大きく真上に伸び上がり、ストンと一気にカカトを落とす。

カカトから頭までが一直線になって動く事で、骨全体に負荷をかける事が出来ます。

頭の上から見えない糸で釣り下げられているイメージで大きく真上に伸び上がり、ストンと一気にカカトを落とします。



1日30回以上が目標!

筋トレや有酸素運動よりも体への負担が少ないのが特徴ですが、最初は無理せず楽にできる回数で構いません。また必ずしも連続で行う必要はないので、空いた時間にちょこちょこと行い、1日の合計が30回以上を目指しましょう。
慣れたら回数を増やしても構いませんが、1日に多くやるよりも毎日継続することの方が重要です。


血糖値が高めの人にお薦め

現在はオステオカルシンの血中濃度を測定する事はできませんので、自分の骨ホルモンが多いのか少ないのかは、判りませんが、 上記の様に血糖値が高めの人はすでに骨ホルモンが少なくなっている可能性がありますので、運動と共に「カカト落とし」の様な骨への刺激がお薦めです。


骨密度を増します 将来的に骨粗鬆症を予防し、骨を丈夫にします。

                                          NHKガッテンより



太陽光は万能薬!?

日光浴は身体と心の健康にとても役立ち、適度な日光浴は万能薬とも

言えそうです。



ビタミンDは、皮膚が太陽光、に晒されると体内で生産されます。



強い日差し(Am11:00〜Pm3:00)の中に10分間ボケッと立っているだけで、

体内に牛乳コップ200杯分のビタミンDが出来ると言われています。



ビタミンDは骨の健康の為に重要で、カルシウムの吸収を促進します。



高齢者では転倒を防ぐ効果も報告されています。



更に、ビタミンDを正常値以上に保つ事は、高血圧や糖尿病、幾つかの癌、

心臓発作や脳卒中の予防、ひいては長寿に貢献する様です。



最近の研究で、脳や心の健康にも役立つ事も解って来ました。



最も新しい研究では65歳以上の高齢者で、ビタミンDのレベルが

低下すると、脳の認知機能の障害が増加する事が解りました。



記憶や推理、学習、言語など知的な働きは、ビタミンDレベルが最適な

高齢者では、低い人と比べて、認知機能障害のリスクが半減しました。



認知機能障害は認知症の発症リスクを高めます。



脳神経疾患関連ではビタミンD欠乏と、多発性硬化症やパーキンソン病

との強い関連も示唆されています。


近年、3つの研究がビタミンD欠乏と鬱病との関連を報告しています。



サプリメントを使用してビタミンDレベルを高めると、鬱症状が

改善する事も解りました。



特筆すべき事は、ビタミンDには長寿効果が在る事です。

血液中のビタミンD濃度が高い人程、全ての原因による総死亡リスク

が低くなる事も複数の研究が示しています。



しかしながら、現代人のビタミンD不足が懸念されています。



米国の女性を対象とした大きな調査では、何と7割がビタミンD欠乏

である、という事実が明らかになりました。



更に、ハワイで行なわれた調査では約半数がビタミンD不足状態でした。

日光に当る事が少ない生活、特に夜型の生活や、常に日焼け止め剤

などで紫外線をしっかりブロックしている人は

ビタミンD欠乏の危険性が高くなります。



ビタミンDが不足していると、心臓発作や心不全、脳卒中などの

心血管疾患のリスクが高くなります。



例えば、40歳以上の男性でビタミンDレベルが低い場合は、

心筋梗塞のリスクが2倍以上に増加する様です。



適度な日光浴か、食事やサプリメントでビタミンDを適切に摂取する

事は、健康のために大きな利益があります。



食物では、サケやウナギの様な脂肪の多い魚、卵黄、乳製品、

キノコ類に多く含まれます。



適度な日光浴は、条件にもよりますが、週に3日、1日に約15分間、

日差しが強い時間帯に日焼け止めなしの状態で、肌の3〜4割を

日光に晒す事で十分なのです。


アメブロには健康情報が満載です。http://ameblo.jp/miya-5596/

一度ご覧ください。



 脳卒中予防



■ あなたは20秒以上片足で立てますか?


もし出来ないのであれば脳梗塞のリスクが高まっているので要注意です。

一見因果関係がなさそうに思えますが、健康でない人は片足でバランスが

取れない為、生活習慣病リスクが高い様です。



初めてという事であれば、中々上手く出来ないかも知れませんが、習慣化する

事で1分位はすぐに出来る様になります。



しかも、左右たった2分でウォーキング約50分相当の効果が期待できるのです。



片足立ちは、場所を選びません。いつでもどこでも出来るので、テレビを見ながら

でも十分できます。


片足立ちは習慣化し易く、短時間・短期間で心と体を健康にする最強の

エクササイズの一つです。




「片足立ち」が出来ないと、脳卒中になり易いってホント?


■ 20秒以上できない人は、小さな脳梗塞がどんどん起こっている



研究チームは、平均年齢67歳の男女1387人(男性546人・女性841人)を

対象に、両目を開いたまま片足立ちをしてもらい、バランスを取っていられる

時間(最長60秒)を測った。1人2回行い、時間が長い方を採用した。



また、MRI(脳磁気共鳴画像)で脳の血管の状態を検査、同時に

認知機能のテストも行った。



対象者は全員、愛媛大学病院が実施した「抗加齢ドック」の参加者で、

健康に自信のある人が多かった。



結果は1030人(74.3%)が最長の60秒。89人(6.4%)が40秒以上〜60秒未満。

120人(8.7%)が20秒以上〜40秒未満。そして、148人(10.7%)が20秒未満だった。



20秒未満だった148人は、MRIの検査結果から、自覚症状のない「脳小血管疾患」

になっている人の割合が非常に高い事が判った「微小出血」

(細い動脈が破れる微量の脳出血)などの事だ。



具体的には、20秒未満の人々(全体の10.7%)が対象者全体にみられた

脳小血管疾患に占める割合は、次の様に非常に高い比率だった。
----------------------------------------
(1)ラクナ梗塞が2つ以上在った人は34.5%
(2)ラクナ梗塞が1つ在った人は16.0%
(3)微小出血が2つ以上在った人は30.0%
(4)微小出血が1つ在った人は15.3%
----------------------------------------
ラクナ梗塞や微小出血は脳梗塞や脳卒中の初期の症状で、

すぐに命の危険はないが、放置しておくと、進行して重大な

症状を引き起こし易い。



片足立ちが20秒未満の人は、認知機能テストの成績も悪かった。


この他、アメブロには健康情報が満載です。http://ameblo.jp/miya-5596/

一度ご覧ください。


                                  M.K-force